商品情報にスキップ
1 2

【茶器/茶道具 短冊】 直筆 青松多寿色 久田宗也筆(尋牛斎)

【茶器/茶道具 短冊】 直筆 青松多寿色 久田宗也筆(尋牛斎)

SKU:T-0060

通常価格 35,200 円
通常価格 セール価格 35,200 円
セール 売り切れ
税込 配送料はチェックアウト時に計算されます。
●青松多寿色(せいしょうじゅしょくおおし)…松は常緑樹の代表として、さまざまな象徴に用いる。
何時までも青々とした松は、それだけで御目出度い色をしている。若さの象徴「緑」、 不老長寿を連想させる。 当然、祝いの席には松が飾られることが多い
「寿」の語が入った句は「長寿」の象徴である。
禅語で「うつろうことのない不動の松の青さこそ、寿の色」という意味を持っています 。

●メール便不可
●直筆
サイズ:並巾(約縦36.3×横6cm)
作者:久田宗也筆(尋牛斎宗匠)
----------
【12代】
1925年~2010年10月22日
 大正14年(1925)京都生。名は和彦、十一世無適斎宗也の長男。
 京大史学科卒
----------
【久田家】 久田家の庵号は半床庵(はんしょうあん)といい、3代宗全による二畳中板の茶室を指す。
久田家は3代宗旦の娘の嫁ぎ先で利休の血筋であり、家元が途絶えそうになった場合、久田家から養子で入っています。
----------
箱:たとう紙
詳細を表示する