商品情報にスキップ
1 1

【茶器/茶道具 お棚】 桐 山里棚 竹張砂摺 利休好写し 小林幸斎作 組立式 炉・風炉兼用 保護シート付

【茶器/茶道具 お棚】 桐 山里棚 竹張砂摺 利休好写し 小林幸斎作 組立式 炉・風炉兼用 保護シート付

SKU:tana-30

通常価格 38,017 円
通常価格 セール価格 38,017 円
セール 売り切れ
税込 配送料はチェックアウト時に計算されます。
●山里棚(やまざとだな)とは…桐木地で、長方形の地板と、寄付が大きく斜めに切り取られた天板を、五分角総面取の三本で柱が支え、天板と地板の縁に胡麻竹の割竹が張られた、千利休好みの小棚です。
柱が五分角細面取、ちり三分、高さ内法一尺六分、地板は前幅一尺五寸八分、横幅一尺八分、板厚四分、天板は向側一尺五寸八分、左一寸五分、右八分半の斜めに板が取ってあります。
地板は砂摺りになっていて、湿らせて使用することが出来るため、備前や信楽などの素焼きの濡れ水指を用いることができます。
大阪城内山里の茶席で初めて使われたという説と、大阪城山里丸の仕付板を棚とされたという説があります。
本歌(本物)は、藪内剣仲に送ったといわれ、藪内家の代表的な棚となっていて、小棚とも呼ばれています。
杉木地で天地の板小口に竹張は遠州好み、春慶塗や松木地のものもあります。

サイズ:約幅48×奥32.8×高34.5cm
素材:桐
作者:小林幸斎作
----------
指物師
昭和24年京都の山科に生る
 師 先代に師事して、4代を継承
 茶道具を製作・研鑽し現在に至る
----------
箱:紙箱
詳細を表示する