商品情報にスキップ
1 1

【茶器/茶道具 お棚】 竹台子 利休好写し 小林幸斎作 組立式

【茶器/茶道具 お棚】 竹台子 利休好写し 小林幸斎作 組立式

SKU:tana-25

通常価格 46,090 円
通常価格 セール価格 46,090 円
セール 売り切れ
税込 配送料はチェックアウト時に計算されます。
●竹台子(たけだいす)とは…長方形の天板、地板ともに桐木地で、竹の四本柱の、「草」の格の台子です。
大小あり、大は珠光好み、小は利休好みです。
「真台子」を基本として、村田珠光が上下の板を桐木地とし白竹の柱を立てることを創案し、武野紹鴎に伝わり、紹鴎・利休の時代に現在見られる大きさになったとされます。
珠光好竹台子は、幅三尺五分、奥行一尺四寸、高さ二尺二寸と真台子と同様の寸法となっており、柱には傘の柄竹を用いたといいます。
利休好竹台子は、台子地板から「風炉の部分」を除いて「炉用」に好んだもで、寸法は、天板長さ二尺四寸八分、幅一尺二寸七分七厘、厚さ五分五厘、地板の長さ・幅は天板と同じで厚さが一寸二分、竹柱の高さは一尺八寸一分となっています。
竹柱は、三節を客柱(右手前)と角柱(左向う)に、二節を向柱(右向う)と勝手柱(左手前)にします。ただし、三節一本の時はこれを客柱に用います。元来、地板は根のほうを勝手付に、天板は根のほうを客付にします。
炉用とされていますが、風炉に使用するときは小風炉を用います。

サイズ:約幅75.1×奥行39.0×高60.0cm
素材:桐木製
   柱(竹)
作者:小林幸斎作
----------
指物師
昭和24年京都の山科に生る
 師 先代に師事して、4代を継承
 茶道具を製作・研鑽し現在に至る
----------
箱:紙箱
注意:組立の際、竹に記載の番号と穴の番号は同じに場所に差し込んでください。
   間違って差し込むと折れたりなどの原因となります。
詳細を表示する