商品情報にスキップ
1 1

【茶器/茶道具 香合】 蛤香合 波につぼつぼ 内金箔 荒井喜峰作

【茶器/茶道具 香合】 蛤香合 波につぼつぼ 内金箔 荒井喜峰作

SKU:kougou-128

通常価格 45,760 円
通常価格 セール価格 45,760 円
セール 売り切れ
税込 配送料はチェックアウト時に計算されます。
●つぼつぼ紋とは
三千家家元の替え紋です。
「川崎巨泉「おもちゃ画譜」(1934年)より
子供のおもちゃで、直径一寸位の壷形をなした素焼である。
つぼつぼと重ねて云うのは幼な言葉であるが、其れが一般に呼ばれている。
これを(ヘソカハラケ)又は(へソデンボ)とも云っていた。
粘土を擂粉木の如きもので押し平らげ、手捻りで作ったもので轆轤や一定の型を用ひていない。」

もとは、稲荷神社の神饌に用いたもので、伏見稲荷では農耕の神をお祀りしていますが、「つぼつぼ」の元になった「でんぽ」は田の宝と書くことからもよくわかります。
古くは、お稲荷さんの土を持ち帰って田畑に撒くと豊作になるという謂れもあったそうです。
これを図案化した模様。
●炉の時期に練香を用いる場合は椿の葉を香の下に敷いて使用します。

サイズ:約縦7.9×横9.8×高4.7cm
作者:荒井喜峰作
箱:木箱

【荒井喜峰】
輪島塗師
茶道具の制作にあたり、伝承漆芸を日々精進・研鑽中
【蓑輪一幸】父:
1947年昭和22年06月生まれ
1966年昭和41年 家業の蒔絵に従事し、父 正春や箕輪一星先生より指導を受け、昭和48年独立
 以後 蒔絵師として研鑽中
 日芸展賞・漆芸協会賞受賞
詳細を表示する