商品情報にスキップ
1 2

【茶器/茶道具 建水】 唐銅(唐金) エフゴ型(餌畚型) 般若勘溪作 約570g kensui kennsui こぼし 水こぼし

【茶器/茶道具 建水】 唐銅(唐金) エフゴ型(餌畚型) 般若勘溪作 約570g kensui kennsui こぼし 水こぼし

SKU:kennsui-41

通常価格 51,920 円
通常価格 セール価格 51,920 円
セール 売り切れ
税込 配送料はチェックアウト時に計算されます。
●建水とは…建水と蓋置は台子の皆具のひとつで唐銅が本来でした。(蓋置も同じ)
建水は茶碗をすすいだお湯や水を捨てる容器で「こぼし」ともいいます。
材質は 古くからある唐銅 砂張・モールなどのほか陶磁器のもの、木地の曲物などがあります。
袋状で上部が開いた形の「エフゴ」がもっとも多い。
その他、「棒の先」「槍の鞘」「箪瓢」「鉄盥」「差替」「大脇差」などとあわせて【七種建水】と呼ばれる。
●七種の建水とは…大脇差、差替、棒の先、鉄盥、鎗の鞘、瓢箪、餌ふご
脇差…利休愛用の形といい、黄瀬戸で好まれた、腰につける脇差に連想して名付けられたようです。
   胴が捻貫のようになっている円筒形で、やや背の高いもの
棒の先・槍の鞘…細長い形の物で、蓋置は吹貫や駅鈴を柄杓の柄に通して使います。
鉄盥…平建水で、浅くて背の低い。
   桑小卓に使われます。

重さ:約570g
サイズ:約直径13.8×高8.9cm
素材:唐銅
作者:般若勘溪作
----------
【(本名 昭三)】鋳物師
昭和08年 癸酉生まれ
昭和24年 父のよ吉の稼業を手伝う~以来研鑽する
昭和44年 日本伝統工芸展初入選(以後、35回)
昭和47年 日本工芸会正会員に認定される
昭和53年 総本山善通寺済世橋の真言八宗文字入り:大擬宝珠製作
昭和61年 人間国宝:香取正彦氏の梵鐘研修会受講
 宮内庁より正倉院御物の復元を依頼され砂張物や黄銅合子を制作
平成15年 高岡市伝統工芸産業技術保持者に指定される
----------
箱:木箱
詳細を表示する