商品情報にスキップ
1 2

【茶器/茶道具 風炉釜(風炉用釜)/釣釜用(釣り釜用)】 遠山霰筒釜 鵬雲斎好写し 菊池政光作 釜鐶付

【茶器/茶道具 風炉釜(風炉用釜)/釣釜用(釣り釜用)】 遠山霰筒釜 鵬雲斎好写し 菊池政光作 釜鐶付

SKU:hurokama-33

通常価格 79,200 円
通常価格 セール価格 79,200 円
セール 売り切れ
税込 配送料はチェックアウト時に計算されます。
●霰(あられ)とは…茶の湯釜の釜肌の装飾技法のひとつで、地肌に粒状の細かな突起を浮き出させたものをいいます。
霰は、挽き上がった鋳型に先端が丸まった箆(へら)などで粒ひとつひとつを押していくことで作ります。この粒を霰と称し、粒を押していくことを霰を打つといいます。
「霰肌」(あられはだ)ともいいます。
小霰(こあられ)、大霰(おおあられ)、鬼霰(おにあられ)など、粒の小さいものから大きいもの、立の低いものから高いものまで様々な種類があります。
釜全体に施す場合と、肩腰などの一部に施す場合があり、また霰の中に窓をつくり文様を入れたり、霰地紋の上に文様を散らしたものもあります。
芦屋釜では小粒で先は丸くなだらかで、一面に霰を出した物が多く、部分的のものは時代が下がるといいます。天命釜では、大粒で先がとがっています。

サイズ:約胴直径18.8cm×蓋含む高21.2cm
    蓋除いた18.5cm
素材:蓋(唐銅[唐金])
   本体(鉄製)
作者:菊池政光作
----------
釜師 山形在住
 高橋敬典に師事。
 奥州山形鋳物の伝統を受け継ぐ作家
1937年1月19日生まれ。山形県出身
 日本伝統工芸展に1973年の初入選以来、10回以上の入選を果たす
 第五回伝統工芸武蔵野店では日本工芸界東京支部賞を受賞
 伝統工芸日本金工展では12回の入選歴を持つ
1982年、日本伝統工芸士に認定される
 日本工芸会正会員
----------
付属品:釜鐶付
箱:木箱
詳細を表示する