商品情報にスキップ
1 2

【茶器/茶道具 出帛紗 干支】 唐物帛紗 蜀巴織り 正絹 聚光院襖絵 紹巴織遊猿図裂 北村徳斎製(北村徳斉製) (出服紗・出袱紗・出ぶくさ・だしぶくさ)

【茶器/茶道具 出帛紗 干支】 唐物帛紗 蜀巴織り 正絹 聚光院襖絵 紹巴織遊猿図裂 北村徳斎製(北村徳斉製) (出服紗・出袱紗・出ぶくさ・だしぶくさ)

SKU:KDTSOHA-0123

通常価格 49,500 円
通常価格 セール価格 49,500 円
セール 売り切れ
税込 配送料はチェックアウト時に計算されます。
【聚光院襖絵】
【紹巴織遊猿図裂(しょはおりゆえんずきれ)】
小野澤虎洞和尚より、お許しを頂き、臨済宗大本山大徳寺塔頭の聚光院本堂の内「衣鉢の間」襖絵の国宝「竹虎遊猿図」より「遊猿図」を紹巴織に謹製。
この襖絵は桃山時代の画家狩野徳永の父である狩野松栄の代表作で、南側の襖に遠山流水と群生する菊竹を背景に、仲むつまじく仔猿を抱く夫婦猿と、柿樹で遊びに興じる猿たちの姿を表情豊かに描いている。

●表千家用
サイズ:約縦27.3×横28.5cm
素材:正絹(絹100%)
作者:北村徳斎製
----------
茶道帛紗専門店です。
今日庵御家元 御好帛紗類専任
京都西陣で正徳2年(1712年)
----------
箱:化粧箱
注意:●画面の色と実物の色合いが異なって見える場合があります。
詳細を表示する