茶器 茶道具 お正月飾り 床飾り 福鈴 大 輪台 掴棒部分のみ紙製

こんにちは、今屋静香園です。
本日はお正月飾り 床飾り 福鈴のご紹介です。
是非ご覧下さいませ。

福鈴とは
鈴は、縄文時代にクルミなどの木の実やマメを振ると、外殻や鞘の中で種子が動いて鳴ることに着想を得て作られた道具ともいわれています。
古来より鈴は魔(厄や邪気)を祓い福(良い気や人)を呼ぶと伝えられていたそうです。
縁起物として、茶室の床の間には新年らしく、福を呼ぶとして福鈴を飾ることがあります。
通常、(お神楽)浦安の舞で用いる鈴は、「鉾鈴」を正式とし、「神楽鈴」を代用してもよいこととなっているそうで、どちらの鈴にも柄の端には五尺から六尺の五色の鈴緒(五色布)が付けられるようです。
このうち「神楽鈴」は、小さい鈴を12個または15個つないで柄をつけたもので、歌舞伎舞踊の三番叟(さんばそう)などにも用いるようです。
小さな鈴を15(=3+5+7)個付けたものは、特に「七五三鈴」と呼ぶようです。(これは稲穂を模したものだそうで、五穀豊穣の祈願の意味があるようです) 神道では、五色布は「青・赤・黄・白・黒」の順序となっていて、それぞれ「木・火・土・金・水」、「東・南・中央・西・北」に対応しているそうで、「土=黄=中央」が最も尊貴みたいです。
サイズ 約直径9.4×長27cm(房除く)
約取手部分14.5cm
約房35cm
素材 輪台:紙製
掴棒:紙管製

干支の道具はこちら→をクリックしてご覧ください。

紅葉いろいろはこちら→をクリックしてご覧ください。

お月見の道具はこちら→をクリックしてご覧ください。

いまや 今屋 いまや茶の湯 日本茶 / 茶道具いまや静香園 / 合資会社 今屋静香園 / いまやせいこうえん / imaya


商品コード: kazarimono-19
【茶器/茶道具 お正月飾り/床飾り】 福鈴 大 (輪台/掴棒部分のみ紙製)
置物・飾り物・縁起物

関連カテゴリ:
節句の茶道具 > お正月・慶事の道具
茶道具
茶道具 > その他
販売価格:¥6,875

ブログに戻る