茶器 茶道具 出帛紗 干支 丑 干支出帛紗 紹巴織り 正絹 牽牛花段紹巴 土田友湖作

こんにちは、今屋静香園です。
友湖作 牽牛花段紹巴の出帛紗が入荷いたしました。
来年の干支にちなんだ季節の商品となっております。
是非ご覧下さいませ。
?牽牛花(けんぎゅうか/うしひくばな)とは朝顔の別称
【茶器/茶道具 出帛紗 干支「丑」】 干支出帛紗 紹巴織り 正絹 牽牛花段紹巴 土田友湖作(千家十職 袋師) (出服紗・出袱紗・出ふくさ) (干支牛 御題実)
送料無料 表千家用 蜀巴織り しょは織り 干支 丑 牛

表千家用
サイズ 約縦27.3×横28.5cm
箱 木箱
素材 正絹(絹100%)
注意 ●画面の色と実物の色合いが異なって見える場合があります。
●裂地の取る位置により柄の出方は換わります。

千家十職とは
茶道に関わり三千家(表千家・裏千家・武者小路千家)に出入りする塗り師・指物師など十の職家を表す尊称である。明治期に現在の十職に整理された。(大正時代に三越百貨店が命名したという説もある)
土田友湖(つちだゆうこ)とは
武士を廃業後、「越後屋半兵衛」と名乗って西陣織仲買人となった。その傍ら袋物の仕立ての修行をし、表千家6代・覚々斎に引き立てられて茶入の仕覆(しふく)などを縫うようになった。
2代以降、当主の通称は半四郎 であり隠居して剃髪すると友湖を名乗る。5代までは仕覆を生業とした袋師で、12代(1965年に襲名)、現在は茶道具の茶入の仕覆や服紗、角帯などを作る。
紹巴(しょは)織とは
里村紹巴愛用の織物を「紹巴」織といいます。つづれ織に似ていて緯糸(ぬきいと)が経糸(たていと)を包み覆うような織り方であり、緯糸によってのみ、柄デザイン・配色を織り上げています。したがって柔軟性、伸縮性に優れ、織物として薄くて、軽くて型くずれしにくいです。
紹巴織を使ったお点前があります。

土田友湖作品はこちら→をクリックしてご覧ください。

干支御題作品いろいろはこちら→をクリックしてご覧ください。

いまや 今屋 いまや茶の湯 日本茶 / 茶道具いまや静香園 / 合資会社 今屋静香園 / いまやせいこうえん / imaya

------------------------------------------------

商品コード: KDSOHA-0044
【茶器/茶道具 出帛紗 干支「丑」】 干支出帛紗 紹巴織り 正絹 牽牛花段紹巴 土田友湖作(千家十職 袋師) (出服紗・出袱紗・出ふくさ) (干支牛 御題実)
送料無料
表千家用
蜀巴織り・しょは織り
干支 丑・牛

関連カテゴリ:
裂地
裂地 > 古帛紗・出帛紗
節句の茶道具 > 干支・御題
販売価格:¥75,460

ブログに戻る