高野昭阿弥作品のご紹介

こんにちは。今屋静香園です。

今回は高野昭阿弥さんの作品をご紹介させていただきます。

代表的な作品は、祥瑞、交趾、色絵となり、特に色絵は、使用している色が多く素晴らしい作品ばかりです。

また、季節ごとの茶道の取り合わせにふさわしい香合や蓋置をお買求めやすいお値段で作成して頂いております。

【初代 昭阿弥】
五条にあった柴田如阿弥に弟子入りし、28歳の時、今熊野の地にて独立して、師より昭阿弥の号を受ける
【2代:高野昭阿弥】
昭和5年  初代昭阿弥創業
昭和16年 京都市に生まれる
昭和41年 京都市立美術大学卒業後
     師 初代昭阿弥の許で仕事を覚える
昭和55年初代と共に50周年記念展を催す
平成5年  二代目となる
平成22年 現在、東山の黄檗陶匠昭阿弥工房にて制作中
◆主に磁器による抹茶、煎茶道具の染付、祥瑞、色絵、交趾などを作る
◆黄檗陶匠「工房は京都市東山」

最後まで読んでいただきありがとう御座いました。

 

 

 

ブログに戻る